サービスの背後にある教育学とは何ですか?

"オーダーメイドされた継続できる英語学習" の当サービスのアプローチは、学習者を英語で囲い込み、あるいは英語漬けにする英語教育の理論に基づいています。

コンテンツを中核とした当サービスの学習法では、学習者のフォーカスはただ単純に言語を一般言語として学ぶだけではなく、当サービスで"トピック"と呼ばれる特定の興味対象テーマに焦点を当て、そのトピックに英語で没頭して学習してゆきます。この、学習者により選択されるトピックが、各々が英語力を獲得するための強い動機となるのです。この仕組みによって学習者はモチベーションを保った状態のまま自主的に学習を行い、結果的に非常に速いペースで英語という言語を習得してゆくことになるのです。

当サービスで学習効果を測定するために鍵となるのは単語の習得度合いです。これは当サービスでは、どの程度その単語に露出されたのか(動画で目にしているのか)、インターバルベース (脳科学に基づくインターバル学習、後述) の単語学習システムを利用して習得しているのか、弊社独自の音声認識を使ってどのくらい発話しているのか、によって示されます。

私たちは英語学習の様々な分野におけるエキスパートと協力して当サービスを開発してきました。 当プラットフォームの特徴は:

  • [科学的ア​​プローチによる語彙選定] 4億語の英語コーパスの分析に基づいて、当サービスの単語学習システムは、単語を難易度によって分類し、学習者が見て、話して、学習していく単語をすべてトラッキングします。これらの単語は、頻度やTOEFLやTOEICなどのスコアとの関連性、ビジネス英語を学ぶことや映画を見るためなどの目的、オバマ大統領の演説やテレビコマーシャルなど特定の単語を学ぶためなど、様々に分類され学ぶことができます。

  • [脳科学に基づくインターバル学習] 研究では、脳科学に基づいた一定の間隔 (インターバル) をあけた繰り返しが、多くの新単語を早く覚えるにはもっとも効果的とされています (Ebbinghaus, 1885, Pimsleur, 1967, Leitner, 1972, Mondria, 1994)。これら反復学習理論を活用したオンラインシステムは現在いくつか目にするが、これらはのほとんどは表面に単語、裏面に意味を書き込んだシンプルな単語帳をデジタル化しただけのものであり、「オーセンティックな (実践的な、生きた、リアルな) 文脈内で単語を習得する」という、語学教授法の非常に重要かつ基本的な点については全く対応できていない (Nagy,1985, Nation, 1990, 2000, Day 1992)。当サービスは、一語一語丁寧にタグ付けされた、豊富でオーセンティックな動画のデータベースをフル活用することで、「文脈内で単語を習得することのできるインターバル学習」、つまり単語の知識をその定義だけにとどめず、数多くのコンテンツに支えられた幅広い文脈知識と共に学習してゆけるような学習の仕組みを提供しているのです。

 

  • [適切にレベル分けされた、興味を引く学習題材] 私たちは学習者が自ら選んだコンテンツを含む多彩な動画を取り入れています。このため当サービスは非常に現実のシーンや学習者の興味対象に沿った、やる気をおこさせる学習体験を提供することが出来るのです。第二言語習得理論では、学習者が理解可能な、学習者のやる気を喚起するようなインプットを大量に与えることが重要である、という考え方が広く受け入れられています (Krashen, 1985, 1994, Neuman, 1992, Swain, 2000)。研究では、オーセンティックなメディアの使用はより効果的な学習につながり (Tatsuki, 2006)、そのオーセンティックな文脈内で単語を獲得することが非常に重要である (Swanburn and de Glopper, 1999)、という点が報告されています。

 

  • [ギャップへの気付き (Noticing the Gap) ] 第二言語習得で重要な "Noticing the Gap" (Schmitt, 2001) の理論に基づき、当サービスは学習者に自分の声を録音し、自分の発音とネイティブの発音とのギャップを比較するチャンスを多く提供しています。これは学習者の発音スキルを、的を絞って進歩させるための貴重な機会となります。

 

  • [発音評価システム] 私たちの 音声科学者のチームによって、従来の音声認識技術とは異なる、"STIM"s (statistically trained intelligibility models=統計的に積み上げていく伝達度モデル)に焦点をあてた発音評価システムを独自に開発しました 。 このシステムには、より信頼の置ける一貫性のあるフィードバックを学習者に提供するための多くの利点があります。当サービスは動画だけでなく、個々の学習者が持っている特定の発音の弱点など、時間の経過とともにその進捗状況を追跡し改善方法を提案します。

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。
Powered by Zendesk